ANTI WORLD staff blog
記事一覧ページ
2019.02.03

センバツ3月23日開幕です

こんにちは、スタイリストのRYOです

今日は3月23日から始まるセンバツ高校野球の話です




優勝候補の予想をしようかなと思ったのですが、全ての球児を応援してる僕がそれをやるのはタブーのような気がしたのでやめます



ドラフト候補生の紹介もいいかなぁと思ったのですが、日テレGoing!にパクられるので、もう少しコアな新2年生の注目選手を紹介したいと思います


星稜高校 内山 壮真 172cm 72kg

富山出身で甲子園優勝するために石川県の星稜中学に入学
小学校時代には空手で富山県優勝
中学時代はU-15日本代表でホームラン王とベストナイン
小柄ながらパンチ力のあるシャープな打撃と野球センスは抜群、世代最強と呼び声高い星稜の中でもピカイチの存在感です
1年生右腕の寺西君も要チェックです


智弁和歌山 細川 凌平 172cm 68kg

中学日本代表
毎年約10人しか入部できない智弁和歌山で入学後ベンチ入りし、すぐにチームの中心選手に
強打のチームのイメージがありますが、打ってよし、守ってよし、走ってよし
野球センスをとても感じる選手です


明石商業 来田 涼斗 178cm 78kg

入学後すぐに1番に抜擢され、強肩強打のリードオフマン
明石商業は公立高なのですが、兄が行けなかった甲子園に同じ高校から行くと決意
足もあり、高校通算はすでに14本。
1年生エースの中森君と共に活躍すれば一気に注目されるでしょう


横浜高校 度会 隆輝 179cm 72kg

ヤクルトで活躍した度会博文を父に持つサラブレット
中学は日本代表、高校では1年生にして甲子園を経験している野球エリート
センスと巧さは横浜高校の中にいても一際目立ちます
大黒柱の及川、大型1年生左腕の松本とレベルの高い選手と一緒に練習する中でどれだけ自覚が目覚めたのかとても楽しみです





いかがでしょう?
高校生は投手が多く注目されるのですがあえての新2年生の打者推しです
コアでしょう
そしてセンバツを勝つためにキーマンになりそうな選手をチョイスしました




今日のまとめ


センバツでは新2年生がキーマンだよねぇ



この一言が言えればあなたも野球通です
とゆうか春の季節は口癖にしましょう
野球好きが花粉と共に集まってくるでしょう


以上です