ANTI WORLD staff blog
記事一覧ページ
2018.12.23

【CHO】僕はインターナショナル

ハロー、どうも僕です。


先日、友人の子供(3歳)が
英会話教室に通っていると言うので


32歳が安易に豆乳片手に



ハローって語りかけたら




すごい勢いで調子聞かれたよね。
それまではよかったんだけど、
あまりにネイティブな発音



後半ほぼ聞き取れなかったよね。



中学時代のニューホライズンだっけ?


あの英語の教科書に出てきた


KENやGonzalezの絡み


ゴルフコース"


カナダはアメリカの上です

ゴルフコース"


なんて例文なんてこれっぽっちも


使う場面が出てこない


挙句、




3歳児に捨て台詞吐かれて、


イラつかせてしまった。




友人に申し訳ない反面、


僕の英語歴6年を恨む形になったのが
ここ最近のハイライトです。





思い返せば、


僕はよく外人に話しかけられる



電車で帰宅中,バスケのスマホゲームをしていたら



ゴルフコース"



スターウォーズに出てくる
メイス・ウィンドウみたいな


大柄な外国人男性

ゴルフコース"


僕の耳に刺さってた
AirPods引っこ抜かれてなんか




ペラペラ話かけられた。




正直、




足震えたよね



丸腰で戦に挑んでしまった位
震えたよね。



枝豆つまむかのように僕の耳から
うどんみたいなイヤホン取り上げるんですから


仕切りになんか言ってるんだけど
全然わからない、、、




僕の渾身のWhat?




ってみたいなグラビアアイドル顔負けの
困った顔も効果ゼロ


メイスはさらにパワーアップし
ボディーランゲージってやつか?



手をヒラヒラと巧みに動かし
喋るメイス



ジェダイに心をコントロールされている感覚だった。

メイス(仮)が散々、




早口なリリックをドロップイットしている中





ハーデンハーデンって





言ってるのにリスニング成功したわけ




どうやら、
その選手のファン




僕が巧みに使いこなして
いたのに感極まって
話かけてきたヨーダ



アーハンとオーイエスのみの
ダブルクラッチで巧みに切り抜け



アーハンの一辺倒なサイドアタックで



耐え凌ぐ勝負の時間帯が
過ぎるのをひたすら待った。




急行が順調に駅を通過していく。



明大前到着寸前



メイスサイドに動きが



なんかエンモタケナワ的な
ちょっと寂しそうな顔してるわけよ



そしたら、




バーイ!ボーイ!的な



イージーな英語きたのね



そしたら僕も満面の笑みで
オーイエスで答えるよね




しかも




ハイタッチ求めてくるわけ


終電間近な
井の頭線の混み合った中でよ、、、、



まぁ、インターナショナルな僕は答えるよね





オーイエス!でね




まるで山王戦で見せた流川と桜木
熱いハイタッチを車内で決め


ゴルフコース"


メイス(仮)を降車するのを見届ける。




ドアが閉まり、どことなく
達成感と安心感に満ち溢れ



途中から乗ってきた人や
入れ違いで乗ってきた方には



僕がインターナショナルな人間


見えたに違いない。


字幕なしで映画見れちゃうんだろうなー




角に小指ぶつけても


アウチっとか言っちゃたり



隠しきれないインターナショナル感
出ちゃってたと思うわけ





でもさ、信じられないだろ






一個もわからないんだぜ。




以上、


自称インターナショナル

CHOでした。

【うちの猫は元ヤンキー】←はこちらから