ANTI WORLD staff blog
記事一覧ページ
2019.12.15

MASAの夏休み最終回

みなさんこんにちは、そしてMASAです。

長々と綴ってきた僕の夏休みネタもおそらく今日で最終回です。

もう一度振り返りたいと思ったモノ好きの方は

こちらから



MASAの夏休みパート1
MASAの夏休みパート2
MASAの夏休みパート3
MASAの夏休みパート4

MASAの夏休みパート5


ということで6日目、

昨夜は雨が降っていておそらく最終日である今日も天気が悪いのかなぁ、、、


と不安だったのですが、目が覚めてみれば、、、



晴・天!!


青々とした空と雨上がりの澄んだ空気♪


これは絶好の最終日日和*\(^o^)/*


ここから「宗谷岬」まではおよそ60km


今まで走ってきた道のりを考えればとても近くに感じてくる

そう思うと不思議とペダルを回す脚も軽くなりペースも上がってくる

ほとんど山も無いから3時間もあれば到着するだろうと今日もただひたすらにペダルを回し続ける



そして2時間経った頃、再び見えてきた



「海ーーー!!


なんか近づいてきた気がするーー!!


「もしかしてあそこか?」




それっぽいのが見えるとさらに脚が軽くなりペースも上がってくる



そこから30分もかからないうちに現れた、





キタキタキターーー!!!
ラスト10km!!
つまりあと30分弱


そして終わりが近づくにと同時にここまでの道のりを振り返る、




初日早々に野宿したこと、
ひたすら山を登ったこと、
どしゃ降りの中泥をかけられながら走ったこと、
海で黄昏てみたこと、
念願のアルパカに会ったこと、
美味しいご飯を食べたこと、

そして色々な方達と出会い、励まされ応援してもらったこと。


はじめは長いと感じていても過ぎてしまえばあっという間


たった6日間の中に凝縮されたこれらの出来事は日常の中で忘れてしまいそうになる



『感謝の気持ち』


をあらためて気付かせてくれた



「帰る家があること」

「明かりがあること」

「お腹が空けば食べるものがあること」

「手の届く距離に誰かがいてくれること」



普段この『当たり前』と感じ、時には鬱陶しくすら感じることも

実は『特別なこと』であり、自分たちがいかに『満たされた』環境に身を置いていることに気づく



そんなどこかの修行僧とかが思っていそうなことを肌で感じられたと思えば

山あり谷ありだったこの旅も良いものだったのだろう



そんなことを思い、ふと海の方に視線を向けると、



とても大きく、穏やかで、美しい海と空が広がっている


それが今の自分の中でスッと腑に落ちた気がした




そして程なくしてお待ちかねのこの瞬間!!



『北海道縦断制覇!!


終わったぁーーーーーっ!!!!!!
疲れたぁ〜〜〜〜〜〜
でも生きてるーーーーーー(´;Д;`)


出発前は本気で、冬眠前の熊と遭遇して食べられるんじゃないかと不安しかなかったけど

何とか無事ゴール出来ました〜〜〜!!!

っていうか北海道デカ過ぎでしょ!!

もう一回やれと言われても全力でお断りします!!

でも今回もとても良い経験が出来たと思います(*^^*)

一人での旅でしたが僕一人だけではきっと達成出来なかった


あらためてみなさんに感謝をお伝えしたいと思います

「本当にありがとうございました!!


今回で自転車の旅は一旦終了しますがまたいつか再開するかもしれませんが

その時はまたお付き合いよろしくお願いします



それではまたお会いしましょう

さようなら〜〜( ´ ▽ ` )ノ




追伸

宗谷岬の目の前にある「間宮堂」で食べた

『帆立ラーメン』はとても美味しかったです♪