ANTI WORLD staff blog
記事一覧ページ
2018.11.11

RYOの最新版2019ドラフト候補

こんにちはスタイリストのRYOです
今日は2019ドラフト候補をザッと紹介します



※美容は全く関係ありませんのでご注意下さい



まずドラフト会議とは?

簡単に言うと野球を仕事にしたいと思っている人間の

就職活動ですね

まず、野球で飯を食べて生きたいと考える高校生、
大学生、社会人がプロ志願届を提出し、
その中から各球団が欲しい人を指名していきます。

2018年は約240人程度(社会人、独立リーグを除く)がプロ志願届を提出し、
約100名が指名されました。







あれ?割と簡単?






いいえ、かなりの狭き門なのです






野球をやっている高校生が約160,000人
大学生が26,000人

160,000+26,000=186,000

今年の指名人数が100人なので

186,000÷100=1860






1860人に1人






パーセントにすると0。0005%笑

計算してたら天文学的数値に
自分でも笑ってしまいました


ザッと書きましたが世間的に注目度が
高い理由が納得できたかと


では本題の2019ドラフト候補紹介したいと思います

岩手 大船渡高校  佐々木 朗希投手
身長189cm 体重81kg 右投右打

ダイナミックなフォームから繰り出すストレートは
高校生にしてすでに157キロ。なのに左手からは力感を全く感じないのはしっかり体重移動をし,
バランスよく投げれている証拠です。
コントロール、変化球は大味で、スタミナもまだまだ。ですが2019年ドラフトでは間違いなく
中心になる1人です。



石川 星稜高校  奥川 恭伸投手
身長181cm 体重78kg 右投右打


どっしりとした体つきで2年生から名門星稜の
エースナンバーをつける男。投げる時に癖が無く、
馬力では高校生ナンバーワン。
体の重心をもっと前まで使える幅を手に入れたら
もっと下半身を使えるようになり、ストレート、変化球共に成長するでしょう。


岡山 創志学園高校  西 純矢投手
身長184cm 体重79kg 右投右打

派手なガッツポーズと雄叫びが印象的ですが
150キロに迫る低めのストレート、腕の振りが
良く、キレのあるスライダーは一級品。
スタミナ、メンタルがついてきたら来年は夏の主役になるでしょう。


神奈川 横浜高校  及川 雅貴投手
身長181cm 体重66kg 左投左打

U-15では日本代表のエース格を務め、
高校一年から甲子園のマウンドを踏んでる
エリート中のエリート。
左腕ながら最速152kmを計測し、ギリギリまで
左手でタメを作ったフォームから投げ出す
クロスファイヤーは高校生にはそうそう打てない。
左バッターへの効果的な変化球とスタミナに課題が
残るが、間違いなくドラフト1位候補。




読んでもらえばわかる通り、私は
AKBよりも
乃木坂よりも

野球人を追いかけてます


随時、更新していきますので
次回はもう少し掘り下げたブログを
楽しみにしてくださいませ

インスタはこちら