ANTI WORLD staff blog
記事一覧ページ
アンティスタッフ一人一人のこだわりやルーツを公開していきます。是非ご覧ください♪
2020.04.07

RYOがオススメの至高の映画「レザボア・ドッグス」

こんにちは、スタイリストのRYOです。

3日連続のブログ更新です。

飽きるまで続きます。

でも明日には終わってたらすいません。

是非お付き合い下さいませ。


1日目はこちら
2日目はこちら






「レザボア・ドッグス」



クエンティン・タランティーノが初監督を務めた作品。



宝石店襲撃に失敗した強盗たちの確執の話。



演者は全員が黒スーツ。
映画の殆どがダラダラとカルチャー色の強いキャラクターのだべり話。
チープなバイオレンスシーン満載で、低予算の為、撮影場所がほぼ倉庫。
ざっくり言うとこんな感じ。



まぁ、つまんなさそうですよね。





「この中に裏切り者がいる」





この言葉から始まる確執を描いてるのに

見せ場のはずの宝石店襲撃のシーンは一切無し。


襲撃後の関係者の証言を積み上げる事で、自分の頭の中に襲撃シーンを作り出す巧妙さ。


チープなバイオレンスシーンで描かれる、色の濃いキャラクターが生み出すユーモアやポップカルチャーの話を聞いていると


あれ?宝石強盗失敗したよね?


本当に裏切り者探してる?




本題なんてどうでもよくなるような気持ち良さで溢れてきます。


そう、クセが強めです。




狂った時系列で、ふざけた事をシリアスなシーンでやるのに、ピタッと着地するタランティーノのワールドに引き込まれてみてはいかがでしょうか。






ちなみに有名映画の多いタランティーノ作品ではこれがダントツ一番好きです。




ではでは、良いおうち時間を。